女性の肥満症
ホームへ EBMダイエットとは 食事療法について EBMダイエット講座 お問い合わせ
薬剤師 山口ひろみち

あなたもダイエットの達人
ひろみち先生の肥満クリニック
バックナンバーはここです
メールアドレスを入力してください
メルマガ詳細情報

ライフスタイル別肥満と対策
子供の肥満とその対策
女性の肥満とその対策
男性の肥満とその対策
ワーキングママの肥満対策
老年期の肥満と対策

肥満はこんなに恐ろしい!
忍び寄る生活習慣病

セルフボディチェック


美しさを取り戻すために
美しさを取り戻すためには
[1]自分が肥満であるか否かを認識する
[2]どの程度の肥満なのかを認識する
[3]やせる必要があるのかどうかを見極める
[4]原因がはっきりしている二次性肥満は、病院での治療が必要である

肥満がはっきりしたら、次のことを確認する
[1]合併症があるかどうか
[2]その他の疾患があるかどうか
[3]どんな治療法があっているのか

以上を確認すること。自分の判断だけで不安なあなたは、相談して下さい。⇒相談する

ダイエットを成功させるためには
ダイエットを成功させるために絶対に必要なことは、なぜダイエットをするのかを明確にすることです。目的のないダイエットは失敗します。

[1]肥満改善策はどんな効果が期待できるのか
[2]成功するとどんな自分が予測できるのか
[3]再度、問いかけてみる。『何のためにこの肥満治療をするのかしら?』

目標は身近なことでいいのです。例えば・・
[例1]子供の授業参観日までに4kg痩せたい。
[例2]7kg痩せて、中性脂肪の量を減らしたい。
[例3]理想体重になって、生活習慣病の不安をなくしたい。
[例4]2年前に買った、9号のあの服をもう一度着たい。

自分の思い描く自分にどのくらい近づいてきたか、日々確認する。具体的な目標への歩み寄りを自我自賛して一歩一歩前進しよう!

最初から何もしないより途中で挫折することが、もっと体重を増加させてしまう可能性があるので、必ずやりぬく決心が肝心となります。

そのためにも、始める時に、「まあチョッとやってみるか」というようなあいまいなスタートではなく「今度は本気だぞ! 絶対、成功させてみせる!」の決意からはじめるのが秘訣です。

また、体重減少を目的としていても、疾患の改善がみられれば、必ずしも体重減少につながらなくても良いのです。疾患が良くなれば、十分効果があったと判断できるからです。

体重変化が無くても、筋肉を増強して内臓脂肪が減少することで、ダイエットは成功したことになります。体重計のメモリだけが成功のあかしではないので、目標幅が大きく広がっていきます。

美しい自分のイメージがいつのまにか現実になっていくのも夢ではありません。




メールで相談 (身長、体重、年齢、職業を忘れないでね)
問診表で相談する
毎日、多くのご相談を頂き、ありがとうございま〜す。
ご相談に関しましては、必ずお名前、身長、体重、年齢、職業をお書き下さい。お書き頂いていない場合は、お返事が出来ない場合がありますよ〜!お返事は1週間以内にお送り致します。

Copyright(C) 2004, VISERA, Inc. All Rights Reserved.