ひろみち先生の肥満クリニック ***食欲を抑制するサプリメント***
ホームへ EBMダイエットとは 食事療法について EBMダイエット講座 お問い合わせ

無理なく痩せる健康マガジン
≪EBMダイエットの達人≫
バックナンバーはここです
メールアドレスを入力してください
メルマガ詳細情報

ダイエットサプリメント
脂質燃焼促進サプリ(1)
脂質燃焼促進サプリ(2)
脂質合成阻害サプリ(1)
脂質合成阻害サプリ(2)
脂質吸収阻害サプリ
食欲抑制サプリ(1)
食欲抑制サプリ(2)
糖質燃焼促進サプリ(1)
糖質燃焼促進サプリ(2)
糖質吸収阻害サプリ

ヴィセラの専門クリニック
食欲を抑制するサプリメント
作用の場所は脳の中です。


テアニン
緑茶には、カフェイン、アミノ酸(テアニン)、カテキン、ビタミンなどさまざま成分が含まれています。テアニンは緑茶中にもっとも多く含まれるアミノ酸で、お茶のうま味にも関与しています。緑茶に含まれるカフェインには神経を高揚させる働きがあるのに、緑茶を飲むと気持ちがゆったりとして安らぎを覚えます。これは、テアニンにはα波(リラックスした状態の脳波)を増加する効果があるからです。

大豆イソフラボンアグリコン
大豆の胚芽に多く含まれる、植物性ポリフェノールの一種です。構造が女性ホルモンのエストロゲンとよく似ているため、体内に入るとエストロゲンと同じような働きをします。エストロゲンは、月経や妊娠、肌のつやや胸の張りなど女性らしさに関係するほか、骨を強くする働きもあります。

女性は40代後半あたりからエストロゲンの分泌が急激に減少しはじめ、イライラや倦怠感、うつなどの更年期症状を起こす原因となります。大豆イソフラボンには「グリコシド型」「アグリコン型」の2種類があり、これらは体内への吸収性がまったく異なります。
Copyright(C) 2004, VISERA, Inc. All Rights Reserved.