これであなたもダイエットの達人! 健康志向EBMダイエット講座:あたなは、どうやって太ったのか(その2)
ホームへ EBMダイエットとは モニターデータ公開 EBMダイエット講座 お問い合わせ
薬剤師 山口ひろみち

あなたもダイエットの達人
ひろみち先生の肥満クリニック
バックナンバーはここです
メールアドレスを入力してください
メルマガ詳細情報

ライフスタイル別肥満と対策
子供の肥満とその対策
女性の肥満とその対策
男性の肥満とその対策
ワーキングママの肥満対策
老年期の肥満と対策

肥満はこんなに恐ろしい!
忍び寄る生活習慣病

セルフボディチェック

あなたは、どうやって太ったのか?≪その2≫

これで、一つの結論が出ました。脂質だけではなく糖質も脂肪のもとになる

では、この二つを控えればいくら食べてもいいのでしょうか?
ここで考えてみましょう。「大学で体育系クラブに入っていた。水分2リットル、ご飯はどんぶりで軽く3杯食べていた。

今は、会社勤めで通勤の往復ぐらいしか動かない」でも、食事量は大学時代と同じだとしたら、どうでしょう?

あるいは、「営業の仕事が主だったので男性顔負けの食事を摂っていた。また休憩時間にはおやつも毎日食べていた。OLをやめて結婚。家事以外に簡単な仕事を家でしている。」でも、食事量がOL時代と変わらないとしたらどうでしょうか?

容易に想像がつくでしょう。どちらのケースも当時より脂肪が増えて体重も増加しているに違いありません。

直ぐ汗をかいて疲れやすくなっただろうし、OL時代のスカートはもうはけないでしょう。

≪では、なぜ太ったか?≫
食べる量が変わらないのに、運動量が極端に少なくなっているというのが共通の理由です。食べたカロリー分の運動がなされていないということなのです。

ここで、次の公式が成立します。

[摂取エネルギー]―[消費エネルギー]= 貯蔵エネルギー

≪結 論≫

[1] 食べ過ぎによって摂取エネルギー過剰になる。
[2] 運動不足によって消費エネルギー不足になる。

この2つが太る原因です。「いや、私はそんなに食べ過ぎていないわ!」「私も、運動は毎日やっているけど痩せないのはどうして?」という声が聞こえてきます。

本当に食べ過ぎていないと思われる方は、一日の食事(口に入れたもの全て)の内容と量を全て書いて下さい。もちろん休憩中に飲んだ缶コーヒーも含めてですよ。

そしてカロリー計算してみましょう。運動をしているのに痩せないという人は、本当に「痩せる運動」をしているのかが疑問です。

そして、1日の摂取カロリーと消費カロリーを計算してみましょう。そして摂取カロリーが多ければ太り、同じであれば現状維持、消費カロリーが多ければ必ず痩せます。

感覚でダイエットすれば成功しません。きちんと根拠に基づいたダイエットをすれば必ず痩せるのです。あなたの1日に必要なカロリーを計算しましょう。

肥満、太りすぎでお悩みのあなた!一人で悩まず、今すぐ連絡してください(^^)!
メールで相談 (身長、体重、年齢、職業を忘れないでね)
問診表で相談する
毎日、多くのご相談を頂き、ありがとうございま〜す。
ご相談に関しましては、必ずお名前、身長、体重、年齢、職業をお書き下さい。お書き頂いていない場合は、お返事が出来ない場合がありますよ〜!お返事は1週間以内にお送り致します。
Copyright(C) 2004, VISERA, Inc. All Rights Reserved.